新規開拓営業からルート営業へ

営業職では最初は新規開拓を任される事も多いです。
営業の世界では顧客情報とネットワークというのがとても役立つ物です。

そして、顧客情報とはリストとして売り買いがされるくらい価値がある物で、ネットワークというのは現代社会ではネットワークビジネスの勧誘などが非常に多いくらいネットワークというのは上手く使えばとても役立つ物なのです。
なので、営業をしていく上ではまず顧客情報とネットワークの重要性という物を理解する必要があると思います。

それが理解できていれば自分の開拓した顧客の情報を頭の中で管理しようとなんて思わずに、エクセルなどで表にして管理しようと考えると思います。
そして表にしてみたら、このクライアントはこの人とこの人を紹介してくれたなとクライアントから発生したネットワークというのにも気が付き、どの人に力を入れてアプローチをすれば紹介などが増えるかというのも分かってくるので、新規開拓ばかりしなくても結果が出てくるようになり、見込み顧客を育成することで楽に結果が出るようになってきます。